--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.10.31 今日のゴジュラス

もうすぐコミケの合否発表?
仕事の合間にチクチクとゴジュラスを進める。
少し片鱗が見えてきた。
20131031gojulas.jpg
ラプトル体系からゴジラ体系に変形するギガと同じギミックを入れることにした。
フォルムの工夫でラプトルの時はスネが長く見えるように太ももにカバーパーツを付けるアイデアを追加。他にもそういうこといっぱいやってるけどね。
ゴチャゴチャしてるけどちゃんとフォルムで考えてるよ。
ディテールもリズムがないと美しくない。
ゴジラの時はばっちりゴジュラスになるようにしたいねぇ。

とにかくコト○キヤのゴジュラスよりカッコ良いのを描く!!
ERA2も描き進めてます。
スポンサーサイト

Posted at 16:05 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |

2013.10.13 ZOIDsERA進捗

もうすぐHMMゴジュラスが発売のようで。
アイアンコングでも困るのに置くとこがないなぁ・・・

まだZOIDsERAⅡが制作中ですが、
ZOIDsERA版のゴジュラスとゴドスを検討しているところです。
ゴジュラスはやぱっり難しい・・
ゴジラ体系じゃノスタルジーすぎるし、ラプトル体系は似合わないし。。
gojulas02.jpg
ZOIDsERAではリアルっぽさを一番大事にしたいと考えているので原型をとどめる必要はないんですが、
元の「コレジャナイ」感もゴジュラスの魅力なんですよね~

godoss.jpg
まだ調整が必要ですがゴドスのフォルムの方向性はこれで正解ではないでしょうか。
弱そうで汎用性のあるジムみたいなコンセプトの機体なのでラプトルフォルムだと強そうだし不器用そうで似合わないんですよね。
多分イグアノドンのような草食恐竜がベースなんだと解釈。
あいつら前足使って草食ってるし。
追々ジム⇒ジムカスタムみたいにごつくなったりして楽しみたいところ。


ZOIDsERAはオリジナルに固執しないで新しいメカ作品として認知されるものを目指しています。
新しい人に向けて作らなくては、ノスタルジーに埋もれていくのがゾイドシリーズの運命だと思っています。
なのでZOIDsというタイトルはつけていても実質中身はオリジナルに近いです。

それでもなぜゾイドかと言えば動物型ロボット物という意味でのカタルシスは今みても魅力的で、
トイ感を差し引いてもデザインバリエーションの幅広さはとても刺激的です。
ゾイドは素晴らしいです!



Posted at 01:23 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。